【全風俗一発攻略ガイド】-初めてのホテヘルでの遊び方-

初心者のための風俗入門
公開日:2019-04-01 最終更新日:2019-10-29

ホテヘルを初めて利用する場合

ホテヘルとは、ホテル(ラブホテル)に呼んで遊ぶ風俗のことをいいます。同じ派遣型のデリヘルとは少し違い、受付店舗で予約や支払いをするなど独自の流れになるので覚えておきましょう。 デリヘルとホテヘルの違いがいまいち分からないという男性も多いのではないでしょうか。

まず最初に、ホテヘルとデリヘルで楽しめるプレイやサービスの違いですが、この2つの業種のサービス内容はほぼ同じだと思って良いと思います。

ホテヘルはホテルヘルス、デリヘルはデリバリーヘルスの略称で、このヘルスとはディープキスや全身リップ、69、フェラや素股などのいわゆる性的サービスのことです。

ホテヘルはホテルでヘルスサービスが受けられる店のことで、デリヘルはホテルや自宅、レンタルルームなどお風呂場がある個室でヘルスサービスが受けられる店のことですから、2つの何が大きく違うかといえば利用する場所であってサービス内容はほぼ同じです。

ホテヘルのメリットと言えば受付でホテヘル嬢のプロフィール写真を確認できたり、ホテルまで嬢と一緒に行けたりと写真者の方にも安心して利用できるメリットがあげられます。


ホテヘルの受付とは?

ホテヘルは受付のみ実店舗が存在し、女の子と対面してプレイするのには、ホテルやプレイルームを利用する形態の風俗になります。自宅とホテル両方で遊べるデリヘルと違いホテル専門の風俗ジャンルとなっています。  しかしデリヘルと同じところといえばホテルで遊べるという点くらいで、予約の仕方も嬢との出会い方も全く異なってきます。

デリヘルはいわゆるデリバリーピザの女の子版だから、予約は電話で自宅やホテルで待っていれば来てくれるという流れだが、ホテヘルはまず受付での予約と支払いから始まる。

ホテヘルの受付は繁華街や、ソープ街やヘルス街の雑居ビルの中に入っていることが多く、どこにでもあるというわけではありません。これはソープやファッションヘルスなど、そこで営業している業態とは異なるためです。 受付所には看板等がないので場所によっては迷いやすくわかりづらい場所にある事も多いため最寄の駅には30分位前には着いて場所を確認しておくのが無難です。 親切なお店でしたら電話すればスタッフの方が丁寧に受付所の場所を説明してくれますし、サイトで顔出しNGの嬢でも受付でのプロフィール写真は顔出しをしているケースが多々あります。

よって、ホテヘルの受付は風俗店ではなく、あくまでただの受付所になります。ホテヘルで遊びたいと思ったら、まずインターネットで検索してホテヘル店の受付の場所を調べてから行きましょう。


【注意】ホテヘルで本番はできません

上記のように、プレイ内容はヘルスと同様です。

ディープキス、全身リップ、69,指入れ、クンニ、、玉舐め、最後はフェラ、手コキ、素股などのサービスになります。

デリヘルでは、本番、SEXは絶対にできません。

本番・SEXを強要をすると、数十万・百万以上の罰金が課せられます。挿入より気持ちいい素股ができるデリヘル嬢はたくさんいます。

本番・SEXだけにこだわる遊びがしたいならソープへ行ったほうが気持ちよく遊べます。


基本的なホテヘル遊びの利用方法

初めてホテヘルを利用する前にシステム・仕組みを知っておいて損はしません。

利用する当日に失敗なくスムーズにホテヘルで遊ぶ流れをご紹介します。

1,店に電話し予約を入れる

ホテヘルは受付所に行くので電話をしなくても入れる場合がありますが、お店には行く前に必ず電話をして下さい。
人気店や人気嬢ともなると予約で埋まっており、行った時間に利用できない場合や、待ち時間などのロスが発生してしまう可能性もあります。
気になっている嬢がいれば事前に電話で予約すると時間通りにスムーズに利用できますし、特に指名したい嬢がいない場合でも来店する時間だけ伝えて予約をとっておくとお店の方でも嬢を押さえてくれたりしてロスもなくスムーズに遊ぶ事が出来ます。せっかく勇気を出して行ってみたのに満杯で入れなかったのでは元も子もないです。 予約の電話の際には総額料金も確認しましょう。

2,予約した日に実際にホテヘルの受付所に行く

予約した日時にホテヘルの受付所で受付をします。 ホテヘルはビルのフロアに受付所を設けているケースが多いのですが、条例により看板を出す事が出来ず、しかも分かりづらい場所にある事も多いため事前にお店のサイトで受付所の場所を確認しておくのはもちろんですが、迷ったときは時間が過ぎる前に必ずお店に電話して確認しましょう。
電話の対応の良し悪しとお店の質は直結します。電話の対応が悪いお店は遠慮せず断ったほうが良いでしょう。

受付所についたら、 スタッフから電話番号と名前を聞かれます。予約した際の名前を伝えれば、後はスタッフが案内してくれます。電話は嬢との合流がスムーズに行かなかった場合などに必要ですので、必ず連絡の取れる電話番号を伝えてください。
ちなみに、名前は本名を名乗りたくない場合は偽名などでも大丈夫です。

予約で指名をしていなかった場合でもパネルを見せてもらい遊びたい嬢を決めましょう。 「写真見たいんですが…」と店員さんに尋ねれば、「今日行ける」女の子の写真を、ズラッとテーブルの上に並べてくれます。ホームページの写真と比べて、ボカシが少ない、またはボカシが無いこともある。この、写真をじっくり吟味する瞬間がワクワクします。ぜひ楽しみならが嬢を選んでください。

利用するコース、嬢が決まったら総額料金を払いホテルへ向かいます。どのホテルがいいかわからない時はスタッフに聞いて、利用しやすいホテルを教えてもらいましょう。 また、お店の方でホテルやプレイルームを押さえてくれている場合は「何時に〇〇というホテルへ行ってください」と、書かれたメモが渡されるので指示に従いホテルに入ってください。

また、お店によってはホテルまで嬢と一緒にイチャイチャ恋人気分を味わいながら行けるパターンもあるので、受付スタッフに確認してみるのもいいでしょう。

3,ホテルに入る

ホテヘルの場合、嬢との合流は2種類あります。

受付を出てすぐに嬢と合流し、一緒のホテルに入る場合は流れに任せればOKです。嬢に初めて利用する旨を伝えると嬢がリードしてくれます。

ホテルに先に入る場合は、部屋に入ったらホテヘル店に入室した件を電話で連絡する。部屋番号を伝えると、「女の子到着までお待ち下さい」と言われます。その後、すぐに嬢が到着します。店に在籍するホテヘル嬢は、受付所や入室したホテルの近くの待機所で準備して待機しているので、入室の連絡後、早くやってきます。

4,プレイ開始

 

デリヘル同様、 主な流れは服を脱ぐ→シャワーを浴びる→ベッドでプレイ→シャワーを浴びる→着替える→ホテルを出るです。

 

ドアを開けたらすぐにプレイが始まる過激系コースを選んでいた場合はそのままプレイ開始、そうでなければ優しく嬢をお部屋に迎え入れて軽く雑談をします。初めての対面はどうしても緊張してしまいますよね。その緊張をほぐすためにもプレイが始まる前に嬢とおしゃべりしましょう。
もし雑談が苦手な場合はその旨を伝えると嬢も安心です。

その後、嬢からシャワーに誘導されます。こうなったらいよいよプレイ開始です。思う存分、性的サービスを堪能しましょう。

5,終了時間になったらプレイ終了

嬢が持参しているタイマーが鳴ったら、プレイは終了になります。嬢と一緒に汗や精液、ローション等をシャワーで洗い流しましょう。

退室は嬢と一緒にホテルを出るか、嬢が先に一人でホテルを出るかになります。

ホテヘル受付で指定されたホテルやプレイルームの場合は前者が多いですが、自分で選んで入ったホテルの場合はホテルのチェックアウトもしないといけないので先に嬢を退室させるといいでしょう。

 

以上がホテヘルの利用の流れでした!

 

人気の記事

2019-11-18 UP

EXEnaviについて